2016年08月13日

8周年記念講演no味♡

先日は、8周年記念講演 ご来場いただきありがとうございました。

安保徹先生の力強く そして楽しい免疫学は,これからも 勉強していきたい部分ですね♡
そして、私たちは、各支店 普段会えないスタッフ同士の交流も 元気の素になりましたねわーい(嬉しい顔)

この日をむかえるにあたり スタッフみんなで パンフレットを配ったり 利用者さまにお声をかけさせていただいたりして準備して参りました。
その中で私たちの会社を支援して頂ける たくさんの方に出会うことができました。ありがとうございます。
さらに終わってからもうれしいお言葉を頂いたのですこし紹介させてください。

かわいいご利用者さまご家族から。
「 安保先生のお話を聞ける、とてもよい機会でした。それから りゅうじんさんの考え方がわかって本当に安心しました。
これからもよろしくおねがいします」
かわいい看護師の仲間からは、
「看護師は世間が狭いっていわれるけど ほんま ためになったわー。ありがとう」
かわいいお友達
「安保先生の話聞けてよかった!!!招待してくれてありがとう」


本当にみなさまありがとうございます。
これからも みんなが健康で 楽しく過ごせますようにぴかぴか(新しい)暑さに負けずがんばりましょうねグッド(上向き矢印)

山田NSるんるん

↓スタッフにくばられたカステラです♡8周年の味おいしかったです♡ごちそうさまでした。

DSC_1263 (1).JPG



posted by りゅうじん訪問看護ステーション大阪中央 at 14:51| Comment(0) | 日記

2016年07月05日

暑くなりました太陽

「暑いですねわーい(嬉しい顔)
毎日、何度も声かけあっております。

在宅の世界では 6月から脱水がちらほら。世間よりもすこしはやめの意識です。

予防は 環境整備家(クーラーをつける 締め切らないなど)と 「のどが渇く前の飲水」です。
この のどが渇く前の飲水たらーっ(汗)!!!なかなか難しいものです。

さて、どのようにして促していきましょう???
皆様いろんな工夫ぴかぴか(新しい)をされていますので、少しご紹介します。

タッパにスイカやメロンを1口大にきって置いておく。
枕元に必要量おいておく。
ペットボトルにマーカーで印や、順番をかく。
冷蔵庫、戸棚に張り紙?
自家製のイオン水をつくる。
ゼリータイプの経口補水えき。

でも、一番効果的なのは 声かけかもしれませんね。
ご高齢になるとのどの渇きを感じにくい方が多いです。
認知症の方は特に精神症状にもつながりやすいので訪問毎にしっかりと飲んでいただくようにしています。
どうして水分が必要かを しっかりと説明し 手渡ししていくと案外 のんでいただけることも多いです晴れ

この季節、なにかおかしいと感じたら 唇の渇き 水分摂取状況 体重の変化 気にとめて看ていきましょうね。
よろしくおねがいしますかわいい山田


ひらめきカメの形の雲ひらめき発見
うれしくて写真とらせてもらいました。
kumo.png

posted by りゅうじん訪問看護ステーション大阪中央 at 17:00| Comment(0) | 日記

2016年03月08日

訪問での楽しみ


春寒の候 いかがお過ごしでしょうか?
私たち中央メンバーは 春を心待ちにしながら 毎日の訪問頑張っています!!!

3月に入り 少し寒さが落ち着いてくると利用者様からも「今日は少しましなようですね」「そろそろ散歩でようかな?」
などのことばに変化がでてきます。嬉しい変化ですねぴかぴか(新しい)
私たちを気遣ってくださったり、外の様子を聞いて下さったり....。時候の御挨拶は会話のきっかけでもありますが この仕事をしていて楽しい会話の一つです。けっこう盛り上がったりもしますわーい(嬉しい顔)
さらに利用者様は地域の事を良く知っており、「どこそこの角のボケの花は今でもあるのか」とか「小学校の桜はもう咲いたか」などの感性豊かなおはなしに 癒されていることも多いです。

また、家の中で季節を楽しんでおられる家庭も多く この時期は「おひなさま」です。
長年お付き合いのあるご家庭では またあえてなって感じですし、今年初めてのお宅では「らしい」おひなさまに出会えます。
各家庭のおひなさまが利用者さまと似ていると思うのは、私だけでしょうか?
4才の女の子から84歳の奥様のおひなさまたち揺れるハートとっても愛らしく 素敵だったのでご紹介させていただきます!

20160226195640.jpgDSC_0887.JPGDSC_0870.JPGDSC_0890 (1).JPG
DSC_0888.JPGDSC_0872.JPGDSC_0871.JPG20160226195559.jpg
posted by りゅうじん訪問看護ステーション大阪中央 at 12:08| Comment(1) | 日記