2015年04月26日

りゅうじん、テレビ進出!?

りゅうじん関西方面の事務担当 笹川です。

この度、大阪中央事業所に所属の理学療法士の伊木君がなんと!!テレビ出演を果たします!!

なぜ、そんなことになったかと申しますと、彼は小さいころからジャッキー・チェンの大ファンなんだそうな・・・
そんな、あこがれのジャッキーに少しでも近づくために、人知れず(私は知っていましたが)アクロバットジムに通って、バク転の練習をしていたようなのです。

そんな中で先日、あの!!読売テレビの夕方の情報番組ten(テン)の取材がアクロバットジムに入った際に、ウチの伊木君がディレクターさんの目に止まり、出演のオファーを受けたとのこと。
テーマは「少年の心を持って、がんばる大人」。まさに伊木君にぴったりハマった企画です。

しかし当初、その話を伊木君から聞いた時、私は正直言って半信半疑でした。だって、読売テレビですよ。しかも、深夜番組ではないんですよ。
どうせテレビに映ると言っても、2秒くらいだろ。と思いながら、撮影の日時に現場に行ってみますと・・・

予想に反して、それはそれは、がっつりと伊木君を取材しているではありませんか!

カチンコ伊木君がアクロバットジムに入る様子を撮影(笑)
IMG_0310.JPG


準備体操から伊木君にクローズアップしています。(寄りすぎやろダッシュ(走り出すさま)
DSC_0516.JPG


担当ディレクターさんの話をお聞きしたところ、「最近バク転が流行っていて(ホンマかいな?)取材に来たら、少年のように純粋に練習に打ち込むおっさん(伊木君)を発見。今は成功していないが、1、2カ月通して取材し、最後は成功した映像を撮りたい。」との事。
伊木君・・・どうせ2秒くらいしか映らへんのやろと思っていた私をお許しください。あせあせ(飛び散る汗)

しかし、当の伊木君の調子が上がりません。たらーっ(汗)
生意気にも「ちょっとスランプです。」などとぬかします。むかっ(怒り)

さすがに、ディレクターさんの表情にも焦りの色が見えます。
(以下、実際の打ち合わせの会話)
笹:しかし・・・。成功する気配がないですね。いつが締め切りなんですか?
D:4月28日なので、2週間後です。
笹:やっぱり、できた方がいいんですよね?
D:それは、そうです。できなければ、企画そのものが上司に認められないかもしれません。
笹:うーん。ちなみに、バク転のCGを作るのにどれくらいお金かかるんでしょうか?
D:いや、それはもはや捏造ですから。
笹:ダメですか?今やN○Kまでやる時代ですよ。
D:ダメです!パンチ

そんな裏の打ち合わせをよそに練習に打ち込む伊木君。
そんな調子だと、りゅうじんTシャツが泣くぜ!
DSC_0543.JPG

最終の撮影日が近づく中で、果たして伊木君はバク転に成功するのでしょうか?
今はスランプ(?)ですが、伊木君はやる時はやる男です!こうご期待exclamation×2


インタビュー中の伊木君
カメラ向けられてるのに、漆崎社長や池林専務と話す時よりリラックスしてます。
この人、意外と大物やなグッド(上向き矢印)
DSC_0550.JPG

PS.放送日は5月5日の夕方です。こどもの日におっさんが宙に舞います!
   具体的な時間は、また追ってお知らせいたします。
posted by りゅうじん訪問看護ステーション大阪中央 at 14:00| Comment(1) | 日記
この記事へのコメント
良いですね コミカルな文章笑わせて頂きました。‥想像しつつ…
Posted by ノ´∀`*)p at 2015年06月09日 22:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: